海外発送に関するコラムはこちら コラム
2022/06/10

【2022年度版】海外転送・発送サービスおすすめ15選!安さ・スピード・信頼感で徹底比較!

海外発送・海外転送サービス15選

海外在住日本人や日本製品を購入したい外国人に人気がある、海外転送・発送代行サービス

最近ではどんどん増えてきており、ますます便利になってきています。

この記事では、海外転送・発送代行サービス15社を徹底比較!

シーン別のお得で便利な使い方を、ご紹介していきますよ。

海外転送・発送代行サービスとは?

海外発送・転送サービス おすすめ

海外転送・発送代行サービスとは、日本国内から海外へ荷物を発送する際のサポートをしてくれるサービスのこと。

料金は、商品代金+送料+海外転送・発送代行サービス業者への手数料という形式が多いです。

店舗から直接海外発送不可の商品も、海外転送・発送代行サービスを使えば諦めずにすみますよ。

サービス内容の詳細は会社により異なりますが、以下の3パターンが一般的です。

転送のみのサービス

シンプルに日本のECサイトの商品を、転送するのみのパターンです。

海外発送希望者は日本のECサイトで商品を購入し、配送先に日本にある指定の住所へ発送手続きします。

商品を海外転送・発送代行サービスの業者が代理で受け取り、転送するサービスです。

指定サイトでの商品購入が条件の業者が多いですが、実家の荷物など転送代行のみにも対応している業者もあります。

買い物代行がついているサービス

買い物代行+転送がついているパターンです。

商品の購入から発送までを、海外転送・発送代行サービス業者に任せることができます。

海外発送希望者自身が、購入や日本のショップへの決済にかかる手間をかけずにすむのが特徴です。

日本国内ECサイトはもちろん、実店舗での購入やオークションサイトの代理落札まで請け負っている業者もあります。

そのほかのオプションがついたサービス

御用聞きJAPAN

転送や買い物代行の他にも、独自のオプションがついているパターンもあります。

買い物する商品を相談できる、「◯◯◯円分のおすすめお菓子」などと伝えればおまかせで購入してもらえるなど。

ただ欲しい商品を購入するだけではない、手厚いサポートがついています。

この他にも、海外発送のサブスクや定期購入に対応しているサービスなどもありますよ。

おすすめ海外転送・発送代行サービス15社比較

ポケモンカード 海外発送

海外発送・発送代行サービスの中でも、おすすめの15社を紹介します。

特徴や手数料などを一覧表でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

No サービス名 配送方法 配送種別 転送手数料 同梱手数料 特徴 決済手数料 WEBSITE
1 御用聞きJAPAN
御用聞きJAPAN
EMS,SAL,船便,DHL,FEDEX他 印刷物◯小型包装物△eパケット△大型☓ 1点350円+コンシェルジュ手数料7.5% ¥0 LINEで完結。友達に頼むように気軽に注文が可能で融通が効きやすい。やりとりがスムーズ。商品がなかった時の提案までしてくれる。 3.6% 公式
2 転送Japan

転送JAPAN

EMS,AIR,SAL,船便他 印刷物×小型包装物△eパケット×大型× ¥150~¥500 申込料¥150、荷物1個毎に¥150 転送料は業界最安、同梱料も安め。EMS送料が地域よって1.5~4%OFF。※小型包装物は米加豪のみ取扱い ¥0 公式
3 転送コム

転送コム

EMS,AIR,SAL,船便他 印刷物×小型包装物〇eパケット×大型× ¥50〜 申込料¥200、2個目から荷物1個毎に¥300 転送料は高めだが、キャンペーンを頻繁に実施。 なし 公式
4 Buyee

buyee

EMS,AIR,SAL,船便,DHL,FEDEX,UPS他 印刷物×小型包装物〇eパケット×大型〇 商品1点につき一律¥300 2個で¥500、3個以上で¥1000 買い物代行専門。メルカリやラクマにも対応。 なし 公式
5 ZENMARKET

ゼンマーケット

EMS,AIR,SAL,船便,DHL,FEDEX,UPS他 印刷物×小型包装物〇eパケット×大型× 商品1点につき一律¥300 ¥0 同梱無料の買い物代行専門。 1%~ 公式
6 バゲッジフォーワード

バゲッジフォワード

EMS,AIR,SAL,船便,DHL,FEDEX,UPS他 印刷物〇小型包装物〇eパケット〇大型〇 0.5㎏¥420、1㎏¥680、5㎏¥1960 一律¥750(個数上限なし) 配送種別が豊富な会社。同梱手数料0円キャンペーンあり。 5% 公式
7 御用聞キ屋

御用聞き屋

EMS,AIR,SAL,船便,DHL,FEDEX 印刷物〇小型包装物〇eパケット〇大型△ 0.5㎏¥490、1㎏¥490、5㎏¥1690 ¥0 配送種別も豊富。同梱無料や親身なサービスが評判。 ¥0 公式
8 楽天グローバルエクスプレス

楽天

EMS,SAL,船便,DHL,FEDEX他 印刷物×小型包装物×eパケット×大型〇 0.5㎏¥1000、1㎏¥1410、5㎏¥2150 ¥0 楽天公式サービス。割高だが迅速、簡単。頻繫にキャンペーン開催あり。 ¥0 公式
9 セレンディ

セレンディ

EMS,AIR,SAL,船便,DHL,FEDEX 印刷物×小型包装物〇eパケット×大型△ 5㎏未満¥980、5~10㎏¥1700 一律¥1000 配送手段も選べて、5㎏未満の転送料が安め。 5% 公式
10 セカンドポスト

セカンドポスト

EMS 印刷物×小型包装物×eパケット×大型× 0.5㎏¥370、1㎏¥550、5㎏¥950 1㎏まで¥500、30㎏まで¥850 配送方法はEMSに限られるが、転送料と同梱料は安め。(ただしEMS引受停止国はDHLと船便で対応) 5% 公式
11 Postty

ポスティ

EMS,AIR,SAL,船便,FEDEX 印刷物×小型包装物〇eパケット〇大型× 0.5㎏¥530、1㎏¥600、5㎏¥1820 ¥500、4個目から荷物1個毎に¥100 通販物の海外転送だけでなく、郵便物の転送サービスも提供。郵便物と通販物の同時転送も可。 4.1%+¥40 公式
12 楽一番

楽一番

EMS,AIR,SAL,船便 印刷物×小型包装物◯eパケット×大型× 200円 ¥0、4個目から荷物1個毎に¥200 多言語対応可能、シンプルな転送サービス。 ¥0 公式
13 こぐま便

こぐま便

EMS,AIR,SAL,船便 印刷物×小型包装物×eパケット×大型× 50円〜 申込料¥150、

荷物1個毎に¥300

コンシェルジュつき、転送のみも対応可能。 ¥0 公式
14 VVJAPAN

VVJAPAN

EMS,AIR,SAL,船、DHL他 印刷物×小型包装物◯eパケット×大型◯ 500円〜 ¥0、6カ所以上で追加料金 現地購入(大阪)も可能な場合あり。 支払い方法による、無料もあり 公式
15 海外在住者専用私書箱

海外在住者専用私書箱

EMS,AIR 印刷物◯小型包装物◯eパケット×大型× 360円〜 ¥0、4個目から荷物1個毎に¥200 月額料金が別途必要。 実費 公式

目的別で選ぶおすすめの海外転送・発送代行サービス

「たくさん商品を購入したい」「大型の商品が欲しい」など、海外発送・発送代行サービスを利用する目的は人それぞれです。

海外発送・発送代行サービス業者の方も、それぞれ料金や対応できる内容に差があります。

ここからは目的別で、おすすめのサービスをご紹介!あなたにぴったりのものを見つけてみてくださいね。

1点だけ購入したい(2kgを超える荷物)

転送JAPAN

No サービス名 EMS 船便
1 転送JAPAN ¥10,442 ¥4,300
2 楽一番 ¥10,500 ¥4,200
3 Buyee ¥10,600 ¥4,300
5 ZENMARKET ¥10,706 ¥4,343
4 VV JAPAN ¥10,800 ¥4,500
6 こぐま便 ¥11,250 ¥4,950
7 バゲッジフォーワード ¥11,260 ¥4,960
8 海外在住者専用私書箱 ¥11,280 ¥4,980
9 転送コム ¥11,620 ¥5,320
10 御用聞キ屋 ¥11,790 ¥5,670
11 セカンドポスト ¥11,813 ¥5,198
12 御用聞きJAPAN ¥11,822 ¥4,052
13 セレンディ ¥11,844 ¥5,229
14 楽天グローバルエクスプレス ¥11,990 ¥6,510
15 Postty ¥12,136 ¥5,578

※2022年6月10日時点で公式HPを参照し、独自で計算 ※2022年6月1日〜のEMS特別追加料金加算後の価格
海外在住社私書箱は月額料金抜きで計算 御用聞キ屋は30×30×30(cm)サイズで計算 VV JAPANは1万円以下の商品購入想定で計算

3kg程度の商品を1点、クレジットカード払いで購入しアメリカに発送する場合の送料と手数料の目安を表にしました。

価格を見るとEMSの場合は転送JAPANが、船便の場合は楽一番が最も安いという結果です。

転送JAPANはEMS割引があるので、EMSの場合はお得に発送することができます。

そのほかの場合は手数料が安い、楽一番が安く配送できますね。

1点だけ購入したい(2kgを以内の小さい荷物)

転送JAPAN

No サービス名 EMS 船便
1 転送JAPAN ¥8,074 ¥3,600
2 楽一番 ¥8,100 ¥3,500
3 Buyee ¥8,200 ¥3,600
5 ZENMARKET ¥8,282 ¥3,636
4 VV JAPAN ¥8,400 ¥3,800
6 御用聞キ屋 ¥8,740 ¥4,190
7 バゲッジフォーワード ¥8,780 ¥4,180
8 こぐま便 ¥8,850 ¥4,250
9 海外在住者専用私書箱 ¥8,880 ¥4,280
10 転送コム ¥8,920 ¥4,320
11 楽天グローバルエクスプレス ¥9,070 ¥5,170
12 御用聞きJAPAN ¥9,158 ¥4,829
13 Postty ¥9,284 ¥4,495
14 セカンドポスト ¥9,293 ¥4,463
15 セレンディ ¥9,324 ¥4,494

※2022年6月10日時点で公式HPを参照し、独自で計算 ※2022年6月1日〜のEMS特別追加料金加算後の価格
海外在住社私書箱は月額料金抜きで計算 御用聞キ屋は30×30×30(cm)サイズで計算 VV JAPANは1万円以下の商品購入想定で計算

2kg以内の商品を1点、クレジットカード払いで購入しアメリカに発送する場合の送料と手数料の目安を表にしました。

価格を見るとこちらもEMSの場合は転送JAPANが、船便の場合は楽一番が最も安いという結果です。

ここでも、割引率と手数料の安さが差になってきているようですね。

ただ小さい商品の場合は、BuyeeZENMARKETのように小型包装物やeパケットが使える業者の方が安くすむ場合もありますよ!

複数店舗で購入し、まとめて発送したい

海外発送 複数店舗

No サービス名 EMS 船便 おまとめ配送料 軽量化
1 転送JAPAN ¥15,178 ¥5,700 申込料¥150、荷物1個毎に¥150 ¥0
2 楽一番 ¥15,300 ¥5,600 ¥0、4個目から荷物1個毎に¥200 ¥0
3 Buyee ¥15,400 ¥5,700 2個で¥500、3個以上で¥1000 なし
5 ZENMARKET ¥15,554 ¥5,757 ¥0 再梱包4,999g以下 ¥1,000
4 VV JAPAN ¥15,600 ¥5,900 ¥0、6カ所以上で追加料金 なし
6 こぐま便 ¥16,050 ¥6,350 申込料¥150、手数料荷物1個毎に¥300 ¥0(おまとめ配送料に含まれる)
7 バゲッジフォーワード ¥16,060 ¥6,360 一律¥750(個数上限なし) ¥0
8 海外在住者専用私書箱 ¥16,080 ¥6,380 ¥0、4個目から荷物1個毎に¥200 外箱破棄サービス¥0
9 御用聞キ屋 ¥16,590 ¥7,090 ¥0 ¥0
10 楽天グローバルエクスプレス ¥16,700 ¥7,870 ¥0 イレギュラー手数料¥1,000
11 セカンドポスト ¥16,853 ¥6,668 1㎏まで¥500、30㎏まで¥850 ¥0(おまとめ配送料に含まれる)
12 セレンディ ¥16,884 ¥6,699 一律¥1000 なし
13 転送コム ¥16,920 ¥7,220 申込料¥200、2個目から荷物1個毎に¥300 なし
14 御用聞きJAPAN ¥17,150 ¥6,383 ¥0 なし
15 Postty ¥17,654 ¥7,556 ¥500、4個目から荷物1個毎に¥100 ¥500

※2022年6月10日時点で公式HPを参照し、独自で計算 ※2022年6月1日〜のEMS特別追加料金加算後の価格
海外在住社私書箱は月額料金抜きで計算 御用聞キ屋は30×30×30(cm)サイズで計算 VV JAPANは1万円以下の商品購入想定で計算

5kgの商品を1点、クレジットカード払いで購入しアメリカに発送する場合の送料と手数料の目安に加え、おまとめ配送や軽量化の値段についてもを表にしました。

EMSの場合は料金が高いほど、転送JAPANの割引率が大きくなってお得ですね。軽量化に無料で対応してくれるところも、ポイントです。

ただし、転送JAPANはまとめ配送の料金がかかってきます。

複数の店舗でいろいろ購入する場合は、まとめ配送料金がかからないサービスの利用がおすすめです。

また転送手数料が個数あたりにかかってくるBuyeeZENMARKETも、割高になる可能性があるので注意が必要です。

メルカリ・ヤフオクで購入したい

バゲッジフォワード

自身で落札・購入手続きをする場合は、メルカリ・ヤフオクで購入可能な業者か転送のみに対応している業者に依頼する方法があります。

転送JAPANバゲッジフォワードなど、ヤフオクの代理落札に対応している業者に頼む方法もおすすめ。

代理落札を頼めば手数料はかかりますが、落札の手間が省けて楽ですよね。

ちなみにメルカリ・ヤフオク両方に対応しているのは、御用聞きJAPANBuyeeです。

御用聞きJAPANなら、両サイトの価格比較も頼めるのでおすすめですよ。

本や雑誌などの書籍を購入したい

御用聞き屋

本や雑誌などの書籍の取り扱いは、どこの業者でも基本的に大丈夫です。

バゲッジフォワード御用聞き屋海外在住者専用私書箱印刷物での発送が可能なので、1冊のみの注文であれば安く済ませることができます。

ただし御用聞き屋は書留扱いにする必要があるので、印刷物の料金+410円の書留料金がかかることに注意しておいてください。

実家の荷物を送りたい

こぐま便

実家の荷物を送りたい場合は、転送のみのサービスを利用しましょう。

御用聞きJAPANこぐま便海外在住者専用私書箱は、実家の荷物の配送にも対応しています。

ただし実家の荷物の場合は発送禁止品が含まれていると、実家に返送したり処分したりする必要が出てきます。

追加料金がかかる場合もあるので、注意しておきましょう!

現地でしか買えない物を購入したい

御用聞きJAPAN

日本の実店舗への買い付けに、対応している業者もあります。

御用聞きJAPANバゲッジフォワードVV JAPANがその例です。

それぞれ別途手数料はかかりますが、日本国内でしか購入できない商品が手に入りますよ。

ちなみに、バゲッジフォワードVV JAPANは大阪市での実店舗購入になります。

御用聞きJAPANは東京での実店舗購入になるので、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

家具や大型電化製品などを購入したい

buyee

大型商品の購入に対応しているのは、Buyeeバゲッジフォワード楽天グローバルエクスプレスです。

中でもバゲッジフォワードは、30kg以上、最長辺1.5m以上、3辺合計が3m以上の商品を配送できます

家具・家電はもちろん、車まで配送可能なのでおすすめです。

ちなみに楽天グローバルエクスプレスは300kg以内で高さ1.6m・長辺3mまで、Buyeeは要問い合わせとなっています。

定期便で毎月購入したい

海外在住者専用私書箱

定期購入品の送り先として対応しているのは、御用聞きJAPANバゲッジフォワード海外在住者専用私書箱などです。

ただしバゲッジフォワードの場合は、毎月発送手続きが必要ですよ。

御用聞きJAPAN海外在住者専用私書箱は定期転送はもちろん、まとめ転送にも対応しています。

ただし保管期間が長いと料金がかかる場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

まとめ

海外発送比較

海外発送・発送代行サービスについて、徹底解説していきました。

目的に合わせて、あなたにぴったりのサービスを選んでくださいね

関連記事

御用聞きJAPAN_LINE@ 気軽に
相談